« 胴突きの意味 | トップページ | 当身の五要素 »

鉤手守法

柔法で初めに教わるのが「鉤手守法」である。
手首や腕、または襟や袖などを掴まれて連行や加撃をされた場合の対処として柔法を学ぶ。この時に、まず鉤手守法から入る。この鉤手守法の目的や意識についてをまとめてみよう。

鉤手守法とは、投げや連行に入られるのを防ぐためや、崩されて不安定にならないようにするために行うものである。しかし、相手は人形ではない。鉤手によって一瞬の期を逃されたとしても、再度仕掛けてきたり、変化させてくる可能性は非常に高い。
鉤手でいつまでも相手を封じることはできないことを、念頭に置いておかなければいけない。自分が崩されずに対処できる体勢をつくるために行うものであって、一瞬の攻防である。

手首を捕られた場合の鉤手守法だけでも、いろんなパターンがある。
順手の内手首・外手首、逆手の内手首・外手首があり、それぞれに押してきた場合、引いてきた場合があり、その中にも捻りや上げ下げを加えてくる場合もある。
そのいろいろなパターンの攻撃法があっても、鉤手守法には共通して言えることが、ある。それは、身体から離しすぎないということだ。腕力ばかりに頼らずに身体全体を使うことが望ましいので、肩甲骨を閉じると良いだろう。こうすることで、腕力よりも背筋を主に使えるようになる。
また、この時に大切なことは、握られた箇所に固執しないことだ。つまり、忘れてしまうことだろう。捕られた箇所を意識し過ぎると力みが生じて相手に伝わってしまう。しかし、捕られた箇所の意識をなくすと、相手は支えどころがなくなるし、自分も他の箇所が良く動くようになって居着かなくなる。
ほとんどの鉤手守法の形は、片手合掌礼を膻中から丹田のあたりにくっつけるイメージで行うと良いみたいである。
また、この時に留意することは、掴まれた箇所を丹田に引き付けるようにするのではなく、丹田を掴まれた箇所にくっ付けにいくように行うことである。
手の形にもコツがあり、五指は花が開くように緩やかに張って、手首を活かすことである。あとは教範にもあるように、指先から肩口に気を発するように廻すことである。真っ直ぐの押し合い・引き合いの力の勝負にならないように、方向を逸らすことも大切だ。

鉤手の質には2種類あると考える。いかにガッチリ掴ませないかと、掴ませるが動かし難くするという2種類である。
一つは抜技に有効で、抜く前から抜けていたりするような、握りにくく力が入らない鉤手である。もう一つは逆技に連絡させるために、しっかりと握れるが動かせないというような、相手をコントロールする鉤手である。どちらも、動かないように「踏ん張る」のではなく、崩れないようにすることが大切である。自然体で立つことを意識して行うと良い。
その他の角度や方向の違い等で、2種類を使い分けることができる。


« 胴突きの意味 | トップページ | 当身の五要素 »

Ⅲ.柔法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 胴突きの意味 | トップページ | 当身の五要素 »