« 2010年5月 | トップページ | 2010年9月 »

熊手突

数年前の全国大会用の演武練習中に、お師さんから演武を添削して頂いた時に、いろいろとダメだしを頂きました。
その中の一つに、「熊手突」がありました。
演武中では相方が行なうようになってましたが、私もやってみると・・・やっぱりダメだしを喰らいました。
一番大切なところに、意識が足りていなかったようです。

それは、四指をしっかりと『締める(曲げる)』ということでした。
熊手なのに、四指が締まっていないと掌底ですからね(汗)

私達が留意していたことは主に「角度」で、三日月から反対側の天辺(四合よりさらに上方)に向かって突くこと。
その際に、腕が曲がっていないといけないこと。そのために、間合を適切に詰めておくことでした。

しかし、その「角度」で突くために最も大切なことが四指をしっかりと『締める(曲げる)』ことだったんですね。
「角度」を一番気をつけていたはずなのに、意識が足りてませんでした。
まったく恥ずかしい限りです。。。

四指を締めることを意識して試してみると・・・
肘が浮きにくくなり、肘が曲がったまま突き上げることがしやすくなりました。
しかも、四指を締めていないと指で顔を撫でるような突き方になってしまうようです。
それに、喰らう側では威力も恐さも違いました。

この他の留意点は、「インパクトの瞬間」に四指をしっかりと締めること。
この効用は二つある。
一つは、初めから四指を締めておくと前腕に強い緊張が走り速度が遅くなり、さらに冴えもなくなる。だから、初めはフワッと握り(開き?)インパクトの瞬間に締めることで、速度と引き(冴え)が出てくるということ。
もう一つは、四指を締める瞬間に手首が生きて母指丘・小指丘が飛び出るようになり、最後の押し込みが増すことである。効かすための深さが出てくるということ。

説明を頂きながら熊手突を頂戴した時は、ステキな世界へいざなってもらうところでした。
いやぁ、軽くだったのに脳ミソがどこかへ飛んでいくかと思いました。
その後は「脳活」を行ないながら、練習をしたことは言うまでもないです。。。

| コメント (13)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年9月 »